So-net無料ブログ作成

媚外交 利権奪われ 地位低下 [ニュース・記事]

産経新聞によれば
「ガス田問題は無理せずに」 首相、胡主席に伝える 7月首脳会談
 福田康夫首相が北海道洞爺湖サミット期間中の7月9日に中国の胡錦濤国家主席と会談した際、日中合意に基づく条約の締結交渉など未解決の課題が多く残っている東シナ海のガス田問題について、「(北京五輪で)大変だろうし、その話は無理せずにやっていただいていいから」と述べ、自ら詰めの協議の五輪閉会後への先送りを提案していたことが24日、分かった。
 この提案には、「交渉相手(中国)の立場に理解を示すことでかえって問題進展を促すのが福田流」(政府筋)との評価がある一方、「首相は何事も中国に配慮しすぎだ」(別の政府関係者)との声も上がっている。
 日中両国はガス田問題をめぐって6月18日、日中境界線画定は棚上げした上で(1)「翌檜(あすなろ)」ガス田付近で共同開発(2)「白樺(しらかば)」ガス田に日本も出資(3)「楠(くすのき)」「樫(かし)」両ガス田周辺海域は継続協議-などの基本合意を発表した。
 ただ、「白樺」への出資比率や権益配分など具体的な条件は決まっておらず、その後の条約交渉で詰める手はずになっていた。
 条約の締結について外務省は合意当初、「できるだけ早くやる。そんなに時間はかからない」(高村正彦外相)としていた。ところがその後、2カ月余が経過した今も、日中間で公式協議は開かれておらず、共同開発も日本側の出資も実施のめどは見えていない。
 ガス田問題に限らず、中国製ギョーザ中毒事件の捜査の進展や日中歴史共同研究の成果発表など、日中間の諸懸案はおおむね五輪閉会後へと先送りされているが、福田首相自身がそうした中国の姿勢にお墨付きを与えたとも言えそうだ。
という記事だ

福田の爺さんは 一体何を考えているのか さっぱり分からん
そもそもが東シナ海のガス田は 日本海の日本領土を侵害しているもので
国際裁判所にその領有権が日本にあることを明確にすべきものだ
国際裁判所に持ち込まれると負けることが分かっている中国は反対している事案だ
韓国と争っている竹島問題も同様で 韓国は国際裁判所での確定を頑なに反対している
そうした明らかに日本に理がある事案でも
何故 中国に遠慮する必要があるのか 理解に苦しむ
福田の爺さんの ”売り” は外交だというが
やっていることは 外交ではなく ”媚” だけではないか
”媚外交” なら 子供でもできる
エネルギー戦争といわれる時代に 何とKYな政治家なのか しかも首相だよ

何を質問されても うすら笑いを浮かべてノラリクラリ
公明党にいいように引きずり回されて
何一つ自分で決断できない福田の爺さん
それでも総理 首相に固執しているのだから 国民には大迷惑だ
早々に退陣か 解散して総選挙を実施してもらいたい
さもないと国の利権がどんどん外国に奪われていく
ブッシュにすら満足に名前で呼ばれない 影の薄い福田の爺さん
あんたが首相でいる限り 日本に地位は低下の速度を速めるばかりだ

  10557428.gif←ポチッと押して下さい


■人気のFX取引!信頼の伊藤忠グループ・FXプライム■

ホテル・旅館のご予約は「赤い風船」の宿泊予約検索へ<日本旅行>

産地直送で日本の旬をお届け!JAタ   
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 2

kobakoba

みかんママさん ナイスありがとうございます 
by kobakoba (2008-08-25 14:13) 

kobakoba

ゆっちさん ナイスありがとうございます
by kobakoba (2008-08-26 06:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。